<   2008年 08月 ( 39 )   > この月の画像一覧

 

西表島に出発

e0135912_7493579.jpg

8時発、鳩間経由上原行きで西表島に入ります。
[PR]

by tabunokiue | 2008-08-30 07:49  

旅も終わりか?

石垣島に入ってから、そろそろマンネリ化してきたらしく、何にもやる気が起きなくなってきました。

1ヶ月と1週間の旅はやっぱり長かったのかな?

それとも体内が、

『少しは休んで!』

と赤信号を出しているのか。

何はともあれ明日の朝、西表島に向かうので今日が石垣島前半の見納めです。

サザンゲートブリッジの奥に公園があるので昼寝がてら散歩にでかける。

程好いベンチに屋根がかかっていたので、占領をしてみた。

海からの風も何とも言えない。

目を閉じる。


昨日の釣人がいないか反対側に戻ってみると、釣人ではなく青年がいた。

今日は竿を持って、パワーアップしていた。

『釣れていますか?』

『全くダメです』

『この辺、魚さんがたくさんいますよ』

と言ってポイントを変えたら、入れ食いです。

10cmくらいのが5匹くらい一気に陸に上がりました。

見ていた自分もびっくりです。


1週間もゲストハウスにいるとだんだん古株になってくるので、旅人の入れ替わりにも楽しくなってきます。

今夜が最後の晩なので、また戻ってきたときが楽しみです。
[PR]

by tabunokiue | 2008-08-29 17:28  

ぐたぐた

結局、今夜も何を調べる事もなくパソコンをいじっています。

明日の予定も起きたら決めることにして、パソコンが飽きたら寝ることにします。

今は宿の方と西表の話をしたり、携帯の話をしたりとくだらないことで笑っています。

こんな夜もありなのかな。
[PR]

by tabunokiue | 2008-08-29 00:15  

こんなので良いのかな

横浜を経ってから、ずっと積極的に活動をしてきたつもりです。

せわしなく所謂、『観光名所』と言われているところに足を運んできました。

思いつきで動いてきました。

さすがに今日は何処にも行く当てがなくなり、昼過ぎまで睡眠。

ご飯を食べてからまた昼寝。

このままでは、貴重な一日を無駄にしてしまうので、これから先に向かうにあたって、予約を必要とする場所に電話をして、予約完了。

石垣島に着いてから『ここだ!!』と言われているところに星を見に行く機会がないので、漁師さんに話をつけて実際に漁に連れて行ってくれないか、海に向かってみました。

途中、釣りをしている人たちがいたので、あえて声を掛けずに近くに腰をおろす。

網で魚を捕っている青年がいて、その青年。

『大変なことになってしまった』

と叫んでいるので、見てみると魚を入れるためのバケツが海に浮かんでいるではないか!!

見ているこちらとしても、大変なことになってしまっているのは容易に理解できる。

ここで釣りをしている人たちがかってでて、バケツ捕獲作戦!!

釣竿の針をバケツの取っ手に引っ掛けて、網でバケツを下からすくいあげる。

これが思うようにうまくいかず、10分後くらいに取っ手に網を引っ掛けて救出成功。

何にも出来なかった自分の力のなさに悔いります。

それから漁師さんを探しに向かったときに、釣りをしている人たちの中のおじさんが声を掛けてくれ、漁師さんを紹介してくれたのですが、料金発生。

漁師さんも生活がかかっていますもんね、当然でしょう。

名古屋から来ている女性二人組みも一緒に行く気配なので、宿に帰ってから相談します。
[PR]

by tabunokiue | 2008-08-28 19:41  

これは素晴らしい

石垣島に入ってからバスの移動をメインでしています。

沖縄県の離島を走るバスは、停留所はもちろんあります。

しかし、バス停でないところでも元気良く手を挙げれば止まってくれます。

考えられますか?

1日の本数が極端に少ないため、もちろんニーズのこともありますし、観光客はレンタ付きのパック旅行で来ているので、1日に朝夕の2回しか止まらないところがほとんどだからです。

バスの運転手さんは乗車前に行き先を聞き、その場所に一番近いところで降ろしてくれます。

ボタンを押さなくても、

『お客さーん、ここですよ!!』

って感じで。

だから僕たちは何にも気にしないで、バスに揺られていれば良いだけなのです。

田舎道に通りかかって、知り合いを見つければ、乗客のことなんか関係なし。

近寄って、挨拶を交わし、

『出発しまーす』



ってあなた!!

おまけに差し入れのジュースまでもらって、乗客のことなんか関係なし。

飲みながら運転しているではありませんか。

小学生が乗ってきたときのこと。

『どこまで?』

『○○まで!』

・・・家の前までじゃん!!

感動しました。

その割には、時間通りにどの停留所にも着く。

頭が下がります。

さすがプロです。

これが離島のバスの全てだとするのならフリー乗車券が使える限り、何回でも乗りたいです。
[PR]

by tabunokiue | 2008-08-27 19:01  

バンナ岳の頂き

e0135912_11463322.jpg

バンナ岳の展望台からの景色です!!

美しさは伝わらないと思いますが、半端ないです。

『歩いたらそうすぐには行けないよ』

承知です。

数多くの峠を越えてきた者にとっては、楽勝のはず。

いや、しんどい。

ブランクというものでしょう。

標高230mです。

奥に見えるのが竹富島でしょうか。

ここの望遠鏡は無料ですから、何分見ても良いわけです。

小さい子がいたら譲り合いましょう!!
[PR]

by tabunokiue | 2008-08-27 11:46  

自分の力で

本日は、バスに乗って『バンナ岳』に登って、素晴らしいと言われている景色を見に行こうとしました。

・・・が。

完璧、爆睡です。

寝たのが深夜3時だったので仕方がないですね。

バスの出発時間に起きてしまいました。

今回、中学からの相棒と一緒に旅をしているのですが、その相棒は僕を起こすことも無く、朝からお洒落にシャワーを浴びていました。

ということで、予定変更!!

自分達の力で、石垣島バス観光をしてしまえば良いじゃないか!!

5日間フリー乗車券を持っているので、西一周のバスに乗れば、2時間半でもとのターミナルに戻って来るという、途中下車なしの石垣島一周です。

こんなバカな話があるのか。

実際にやってきましたよ!

ただ座っているだけですが、川平湾を通って、米原ビーチを通って、昨日、訪れた玉取崎展望台を通って。

石垣島の外枠はバッチリです。

・・・?

また時間があれば今度は東から一周をしてみたいと考えています。

島一周の観光バスは1日で大体4300円ですが、フリー乗車券のお陰で1日辺り、400円で済んでしまいました。

何とも言えないこの貧乏らしさ。

ネタですね!!



この記事をアップしているときに宿を拠点にツアーをやっている女性が『紅芋のロ-ルケーキ』を差し入れでくれました。

いやー、こんなことされたらツアーに顔を出さないといけないですね・・・。
[PR]

by tabunokiue | 2008-08-26 20:13  

夜の街

e0135912_19192070.jpg


昨晩の話ですが、日付の変るときに夜の石垣に出てみました。

宿をとっているところが、街の中心に近いからか、居酒屋やバーが多く見受けられます。

値段もピンきりですね。

1週間、西表に行って戻ってきて、金銭的に余裕があったら居酒屋にも顔を覗かせてみようと思います。

石垣島の観光名所に橋がないので、地図の端っこにわずかに記載されていた『サザンゲートブリッジ』に行ってみました。

全長1キロもないかと思われます。

なだらかな坂の片側にオレンジの街灯。

趣があるではないですか。

一番高いところにベンチが設けられていて、腰をおろしてから風の音色を鑑賞します。

反対側の岸に着くと、街灯が途切れ、さらに奥に足を伸ばすと暗闇が辺り一面に広がります。

ここで天体観測。

橋を渡っている間は街灯の勢いに負けて、強く光を放つ星しか拝めませんでしたが、一歩、暗闇に足を入れるとある程度、綺麗な夜空が広がってきました。

少し雲がかかっていたのが残念でしたね・・・。

昨晩は良い風が吹いていました。

芝生に寝っ転がって星を見たかったのですが、公園で恐らく地元の若い子達がバーベキューをしていたのであえて近づかずにそのまま宿に退散です。
[PR]

by tabunokiue | 2008-08-26 19:19  

この気持ちは何なんだろう

旅に出てきてから早3週間。

わりと天候にも恵まれて、良い旅が出来ています。

地元、横浜は2、3日前から天気が崩れているらしく、暑さも和らいできている、という情報が続々と入ってきます。

こちら石垣島は向こう1週間も晴れの予想で、外に出歩くには完璧すぎる感じです。

夕方頃に宿に戻ってきて、だらだらしていたので、もう少し遅くなってから夜の石垣島を探索してこようと思っています。

また違った街の色が垣間見れるときでしょう。




旅の最初に宮古島に入ったとき、今回の旅のテーマに掲げていた『出会い』をただただ求めていたように思う。

求めてくるものでもなければ、求めていないときにくるときもある。

自然体で過ごしていくのが、肩の力が抜けていて良いのかな、とも考え出している。

出会い。

=思いがけなくあうこと。めぐりあい。

と辞書で記されていた。

つまりは、運命。

会うべくして会った、と解釈をしても間違いではないと思います。

こちらが気負っていても、どうにもならないことが事実であるそうです。

宮古島で経験させていただいた出会いを、残りの旅の糧として最高の旅にしていこうと思います。
[PR]

by tabunokiue | 2008-08-25 22:19  

玉取崎展望台

e0135912_16204432.jpg

当初の予定はバスで石垣島最北端の平久保崎まで行くはずでしたが、帰りのバスが全くないので、手前の玉取崎展望台でストップです。

乗ってきたバスが1時間半後に折り返してくるので、それまで展望台から海を眺め、山を眺め。

ゆったりした時間を過ごしています。
[PR]

by tabunokiue | 2008-08-25 16:20